筋トレ

筋トレの弱点部位の頻度のどれくらいがベストなの?|弱点部位を攻略

投稿日:

スポンサードリンク

こんな方におすすめ

  • 筋トレで弱点部位をどのくらいの頻度で筋トレすればいいか知りたい方
  • 筋トレで弱点部位の筋肉を大きくするためには何をすればいいか知りたい方
  • 筋トレの弱点部位をトレーニングする場合のベストな食事を知りたい方

 

 

このような方々に向けて、書いていきたいと思います

 

ですので

今回は、「筋トレの弱点部位の頻度のどれくらいがベストなの?|弱点部位を攻略」というテーマで記事を書いていきたいと思います

 

本記事の内容は下のようになります

 

本記事の内容

  1. 筋トレの弱点部位の頻度のどれくらいがベストなの?
  2. 筋トレの弱点部位を筋トレする場合の食事はどうすべき?
  3. 筋トレで得意な部位はどうすべき?

 

では始めていきたいと思います

 

多くの人が、筋肉があまり発達していないとき、その理由は、その筋肉で扱えるウェイトが軽いからと勘違いしています

では、完全な間違いではありません

しかし

これではいつまでたっても弱点のままです

 

そこで

重要なのが、

「どこの筋肉が未発達なのか」と「そこをどのように筋トレするか」と「それをどのくらいの頻度で筋トレするか」

これらなのです

 

ということで

今回は、「筋トレの弱点部位の頻度がベストなのか」について詳しく解説していきたいと思います

そして

これをメイントピックとしたあとに

筋トレの弱点部位を筋トレする場合の食事はどうすべき?

筋トレで得意な部位はどうすべき?

これらについて少し深掘りしていきたいと思います。

 

 

この記事は約3分で読むことができます。

この記事を読むことで、筋トレの弱点部位を改善することができ

さらに筋肉をつけることができます

 

 

スポンサードサーチ

筋トレの弱点部位の頻度のどれくらいがベストなの?

では、筋トレの弱点部位の筋トレ頻度は、どれくらいがよいのでしょうか?

まず結論から先に書いていきたいと思います。

 

筋トレの弱点部位の頻度はどれくらい?

  • 筋トレの弱点部位は、身体の弱点部位の筋肉を収縮させる能力が低い
  • 特に、弱点部位の筋肉が最も短くなったポジションともっとも長くなったポジションで、筋収縮が弱い
  • これを改善するためには、使用重量を落し、低ボリューム+高頻度で筋肉を動かす中枢神経系に、弱点部位の正しい筋収縮の仕方を叩き直す
  • 弱点部位の筋肉が、大きい筋肉である背中と脚の場合は、胸や腕や脚などの小さい筋肉に比べ回復に時間がかかる

ということです

 

 

重要なキーワードは

・筋収縮

・低ボリューム

・中枢神経系

これらは、後で説明していきます

 

これらの重要キーワードを詳しく解説していきながら、「弱点部位の筋トレ頻度」について解説していきたいと思います

 

 

筋トレの弱点部位は、身体の弱点部位の筋肉を収縮させる能力が低い

よく

弱点部位を改善させるためにひたすら高重量を上げようとしている人がいます

それは、言葉を選ばずにいうと、ただの脳筋ですよ

 

良く考えて見てください

 

ウェイトを持たずに、弱点部位だけを完璧に筋収縮させることができないのに、どうやってウェイトを使ってその筋肉にテンションをかけるのですか?

 

無理ですよ

 

筋肉を動かしている脳などの中枢神経系は

「この筋肉は、筋収縮できないから、他の筋肉を使ってウェイトを動かそう!」

という風に判断してしまい

簡単に、他の筋肉にテンションが分散してしまい

結局、弱点部位に対する刺激はゼロになってしまうのです

 

つまり

 

弱点部位の筋肉というのは、他の筋肉の助けなしでは

筋収縮できない筋肉ということです

 

ここで

筋トレで筋肉が作られるメカニズムについて確認しましょう

 

ポイント

筋トレのウェイトによって、筋肉にテンションがかかり
この状態で、筋肉が短くなる筋収縮が起こることで
より強く、より大きくなろうと
筋肉を構成する筋細胞が
ホルモンや栄養素を吸収しやすくなり
結果として
ホルモンや栄養素が筋肉に運ばれ、筋肉が作られる

 

ということです

 

つまり

いくら高重量で弱点部位を攻めても、

弱点部位の筋肉が筋収縮できなかったら

筋肉を発達させるための刺激が起こらず

栄養素もホルモンも弱点部位に運ばれません

 

ですので

思考を停止して、高重量を振り回しても、「マジで無意味」です

 

 

弱点部位の筋肉が最も短くなったポジションともっとも長くなったポジションで、筋収縮が弱い

上で書いたように

弱点部位の筋肉というのは、とにかく筋収縮する能力が低いのです

これには

様々な理由があると思います

 

ひとによって

「骨格の構造の違い」や「手足の長さの違い」

などがあります

これらによって、

ある筋トレにはフィットして、ある筋トレには全くフィットしない

ということが起きてしまうのです

 

さらに

ポイント

これらの骨格の違いによりにより

筋肉が最も短くなるポジションと最も長くなるポジションで

ウェイトによるテンションを保てなくなるのです

 

この2つのポイントで

簡単に他の筋肉にテンションが分散され、

結果的に弱点部位の発達が遅れてしまうのです

 

これは、トップクラスのテクニックですが、

 

ポイント

筋肉が最も長くなるポジションと最も短くなるポジション

この2つで以下に弱点部位の筋肉にテンションを保てるか

というのが超重要になってくるのです

 

 

弱点部位の筋トレは低ボリューム+高頻度で筋肉を動かす中枢神経系に、弱点部位の正しい筋収縮の仕方を叩き直すのがベスト

上で書いてきたように

弱点の筋肉というのは、とにかく、筋収縮する能力が低い

です

 

これは、筋肉を動かす脳などの中枢神経系に問題があります

 

なぜなら

弱点部位の筋肉が動くべき時に、他の筋肉が助けるために動いているからです

 

ですので

 

ポイント

弱点部位の筋肉以外の、余計な動きを排除して

弱点部位の筋肉だけに、テンションを掛けたまま

最も短くなるポジションでも筋肉を強く収縮させる

これを中枢神経系に叩き込む必要があるのです

 

もし

これが筋トレのボリューム(何種目を何セットで何レップか)が高くなり

筋トレ時間が長くなる場合

筋トレの最後の方では、中枢神経系が疲れてしまい

完璧なフォームで、筋肉を収縮することができなくなります

 

ですので

これを避けるために、筋トレのボリュームをさげて

短時間で

完璧なまでに、弱点部位の正しい筋肉の収縮を、中枢神経系に叩き込み

それを

高頻度にし、1週間に何度も行うことで、

弱点部位の筋肉の収縮能力が、だんだんと上がってきます

 

 

この低ボリューム+高頻度を弱点部位に与えることで

弱点部位の筋肉を改善して、大きくすることができるのです

 

さらに

筋トレ中にBCAAや筋トレ後にクレアチンを飲むことで、確実にこの「弱点部位を攻略する低ボリューム+高頻度の方法」を生かすことができます

 

血中のアミノ酸濃度を維持し続けて、常に超回復を起こしつづけるのに重要なBCAAサプリの効果は「最強のサプリBCAAの効果とは?|BCAAの効果を圧倒的に網羅」こちらの記事に詳しく書いてありますので、合わせてどうぞ

最強のサプリBCAAの効果とは?|BCAAの効果を圧倒的に網羅

  こんな方におすすめ BCAAの効果を知りたい方 BCAAを筋トレ前、筋トレ中、筋トレ後に飲む効果を知りたい方 BCAAを飲んで筋肥大したい方 減量中にBCAAを飲んで筋肉の分解を防ぎたい ...

続きを見る

 

「筋力を上げると最も科学的に証明されたクレアチン」については「クレアチンの効果とは?|科学的に最も証明されたサプリで筋肥大」こちらの記事に詳しく書いてありますので、合わせてどうぞ。

クレアチンの効果とは?|科学的に最も証明されたサプリで筋肥大

  こんな方におすすめ クレアチンの効果を知りたい方 クレアチンの効果で筋肉を付けたい方 クレアチンの効果で筋トレのパフォーマンスを上げたい方 このような方々に向けて、記事を書いていきたいと ...

続きを見る

 

弱点部位の筋肉が、大きい筋肉である背中と脚の場合は、胸や腕や脚などの小さい筋肉に比べ回復に時間がかかる

では

実際に弱点部位の筋肉は、どのくらいの高頻度で行えばいいのでしょうか?

 

一般的な筋肉が回復するまでの原則は

ポイント

  • 大きい筋肉(脚や背中)は最低でも48~72時間
  • 小さい筋肉(胸、腕、肩、腹筋)は、最低でも24~48時間

です

 

しかし

これは個人の回復能力(食事や睡眠の質と量)に依存します

 

ですので

こればっかりは個人で調整するしかありません

・頻度が高すぎて、ベストなパフォーマンスを発揮できない

・疲れて握力がなくなってきた

などがあれば

頻度を下げるべきなのです

 

 

 

筋トレの弱点部位を筋トレする場合の食事はどうすべき?

Pexels / Pixabay

弱点部位の筋トレの食事

  • おすすめは、筋トレ前に炭水化物を食べず、筋トレ後に多くの炭水化物を食べる
  • 筋トレ前に炭水化物を食べないことで、より筋肉を動かす中枢神経系の集中力が高まり、かつ筋トレ後のインスリン感度がより強くなり、食べる炭水化物で筋肉を成長させる

 

上でも書きましたが、

もし中枢神経系の集中力が途切れたら

簡単に他の筋肉が、弱点部位を助けます

 

そのため

筋トレ前の炭水化物を抜いて、その分を筋トレ後にもってきましょう

 

炭水化物を食べることで、分泌するインスリンは

ドーパミンやアセチルコリンの働きを邪魔するので

中枢神経系の集中力が低下してしまいます

 

これを防ぐため、筋トレ前の炭水化物の代わりに

ココナッツオイルやMCTオイルなどのエネルギーになりやすい脂質

を摂取しましょう

 

そして

筋トレ後には、とても強いインスリン感度がくるので

そこで

炭水化物を食べることで、より弱点部位を改善することができるので

 

 

また「筋トレ後のインスリン感度が高い」ということについては、「筋トレで超重要なインスリンの働きとは?|筋肉をつけるホルモン」こちらの記事に詳しく書いてありますので、合わせてどうぞ

筋トレで超重要なインスリンの働きとは?|筋肉をつけるホルモン

skeeze / Pixabay こんな方におすすめ 筋トレとインスリンの関係を知りたい方 インスリンの働きで、筋肉を大きくしたい方 今回は、筋トレで超重要なインスリンの働きとは?|筋肉をつけるホルモ ...

続きを見る

 

スポンサードサーチ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は「筋トレの弱点部位の頻度のどれくらいがベストなの?|弱点部位を攻略」について記事を書いてきました。
記事の内容は下のようになります

 

 

まとめ

  • 筋トレの弱点部位は、身体の弱点部位の筋肉を収縮させる能力が低い
  • 特に、弱点部位の筋肉が最も短くなったポジションともっとも長くなったポジションで、筋収縮が弱い
  • これを改善するためには、使用重量を落し、低ボリューム+高頻度で筋肉を動かす中枢神経系に、弱点部位の正しい筋収縮の仕方を叩き直す
  • 弱点部位の筋肉が、大きい筋肉である背中と脚の場合は、胸や腕や脚などの小さい筋肉に比べ回復に時間がかかる

今回は「弱点部位の筋トレ頻度」について解説してきました

また

このサイトでは、
筋肥大や体脂肪を減らすことについて
重要なことが150記事以上詳しく書かれています

合わせて是非みてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

良ければ、Twitter(@xframephysique)フォローや読者登録よろしくお願いします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

サプリメント 増量メソッド

2019/9/11

筋トレの増量での胃薬の効果とおすすめとは?|食事を完全に消化

jarmoluk / Pixabay   こんな方におすすめ 筋トレの増量での胃薬の効果について知りたい方 筋トレの増量でのおすすめの胃薬について知りたい方   このような方々に向けて、書いていきたいと思います   ですので 今回は、「筋トレの増量での胃薬の効果とおすすめとは?|食事を完全に消化」というテーマで記事を書いていきたいと思います   本記事の内容は下のようになります   本記事の内容 筋トレの増量での胃薬の効果とおすすめとは? おすすめの胃薬と ...

続きを読む

サプリメント 筋トレ

2019/8/8

筋肥大するためのBCAAの摂取タイミングとは?|賢く筋肥大しよう

    こんな方におすすめ 筋肥大するためのBCAAの摂取タイミングについて知りたい方 筋肥大するためのBCAAを知りたい方 筋肥大したい方   このような方々に向けて、書いていきたいと思います   ですので 今回は、「筋肥大するためのBCAAの摂取タイミングとは?|賢く筋肥大しよう」というテーマで記事を書いていきたいと思います   本記事の内容は下のようになります   本記事の内容 筋肥大するためのBCAAの摂取タイミングとは? 筋肥大するため ...

続きを読む

サプリメント 増量メソッド 筋肥大

2019/7/30

筋肥大するためのおすすめのカーボドリンクとその筋肥大効果とは?!

    こんな方におすすめ 筋肥大するためのカーボドリンクについて知りたい方 筋肥大するためのおすすめのカーボドリンクについて知りたい方 筋肥大するためのカーボドリンクの摂取量や飲み方を知りたい方   このような方々に向けて、書いていきたいと思います   ですので 今回は、「筋肥大するためのおすすめのカーボドリンクとその筋肥大効果とは?!」というテーマで記事を書いていきたいと思います   本記事の内容は下のようになります   本記事の内容 筋肥大 ...

続きを読む

サプリメント

2019/6/10

BCAAに副作用ってあるの?!|BCAAの健康面を解説

  こんな方におすすめ BCAAを飲むと副作用があるか知りたい方 BCAAの摂取量について知りたい方 BCAAと身体の健康について知りたい方 このような方々に向けて、書いていきたいと思います。     今回は、BCAAに副作用ってあるの?!|BCAAの健康面を解説というテーマで記事を書いていきたいと思います。   本記事の内容 BCAAに副作用ってあるの?! BCAAの摂取タイミングはいつ? BCAAの摂取量はどれくらいがいいの?   BCAAは、筋トレに ...

続きを読む

サプリメント

2019/6/9

BCAAは筋トレの休息日にも飲むべきなの?|回復を超加速せよ

  こんな方におすすめ BCAAを休息日に飲むべきか知りたい方 BCAAを飲んで筋肉を回復させたい方 BCAAの効果を知りたい方 BCAAを飲んで筋肥大したい方 おすすめのBCAAを知りたい方 このような方々に向けて、書いていきたいと思います。   今回は、BCAAは筋トレの休息日にも飲むべきなの?|回復を超加速せよというテーマで記事を書いていきたいと思います。   本記事の内容 BCAAは筋トレの休息日にも飲むべきなの? BCAAを飲めば筋肥大するの? おすすめのBCAA ...

続きを読む

サプリメント

2019/6/9

BCAAベストな摂取タイミングとは?|最強サプリで超成長しよう!

  こんな方におすすめ BCAAの摂取タイミングがいつがベストなのか知りたい方 BCAAの効果について知りたい方 BCAAの摂取量については知りたい方 おすすめのBCAAが知りたい方 このような方々に向けて、書いていきたいと思います。   今回は、BCAAベストな摂取タイミングとは?|最強サプリで超成長しよう!というテーマで記事を書いていきたいと思います。   本記事の内容 BCAAベストな摂取タイミングとは? BCAAの摂取量について おすすめのBCAAとは?   ...

続きを読む

サプリメント

2019/6/8

BCAAのおすすめベスト4選を紹介|目的別でBCAAを選ぼう

  こんな方におすすめ おすすめのBCAAを探している方 コスパの良いBCAAを探している方 おすすめのBCAAで筋肥大したい方 おすすめのBCAAで筋肉を維持しながら体脂肪を減らしたい方 このような方々に向けて、記事を書いていきたいと思います。   今回は、BCAAのおすすめベスト4選を紹介|目的別でBCAAを選ぼうというテーマで記事を書いていきたいと思います。   本記事の内容 BCAAのおすすめベスト4選を紹介 BCAA 2:1:1 パウダー BCAA 4:1:1 パウ ...

続きを読む

サプリメント

2019/6/8

最強のサプリBCAAの効果とは?|BCAAの効果を圧倒的に網羅

  こんな方におすすめ BCAAの効果を知りたい方 BCAAを筋トレ前、筋トレ中、筋トレ後に飲む効果を知りたい方 BCAAを飲んで筋肥大したい方 減量中にBCAAを飲んで筋肉の分解を防ぎたい方 BCAAを一日中飲み続ける効果を知りたい方 BCAAの摂取量を知りたい方 このような方々に向けて、記事を書いていきたいと思います。 今回は、最強のサプリBCAAの効果とは?|BCAAの効果を圧倒的に網羅というテーマで記事を書いていきたいと思います。   本記事の内容 最強のサプリBCAAの効果と ...

続きを読む

サプリメント

2019/6/8

BCAAを一日中飲み続ける効果とは? | 常に筋肉を回復せよ

  こんな方におすすめ BCAAサプリを一日中飲み続ける効果を知りたい方 BCAAを使って、筋肥大したい方 BCAAを賢く使って、筋肉を維持しながら、体脂肪を落としたい方   このような方々に向けて、書いていきます。 今回は、BCAAを一日中飲み続ける効果とは? | 常に筋肉を回復せよというテーマで記事を書いていきたいと思います。 本記事の内容 BCAAを一日中飲み続ける効果とは? BCAAは、筋トレしない日でも効果的? BCAAの筋トレへの効果とは? BCAAは、 体脂肪を出来るだけ ...

続きを読む

サプリメント

2019/6/8

BCAAを筋トレ前に飲む効果とは?|戦いの前の準備を整えよう

  こんな方におすすめ BCAAを筋トレ前に飲む効果を知りたい方 BCAAと筋トレの関係を知りたい方 筋トレ前のサプリメントについて知りたい方 このような方々に向けて、書いていきたいと思います。   今回は、BCAAを筋トレ前に飲む効果とは?|戦いの前の準備を整えようというテーマで記事を書いていきたいと思います。   本記事の内容 BCAAを筋トレ前に飲む効果とは? BCAAの筋トレ中や筋トレ後の効果とは? 筋トレ前に飲むことでパフォーマンスが上がるサプリを紹介   ...

続きを読む

-筋トレ

Copyright© XframePhysique , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.